2012年03月23日

「晩年」 太宰治

519nckdkgwl_sx230__3

やっとつかんだ芸術は、説明を加えた途端に指の隙間からこぼれ落ちてしまう。

熱くなれず、消えることも出来ない自我はどこを彷徨うか。


posted by mamakokototo at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。