2011年08月04日

新潟 「フジロック・フェスティバル’11 その②」

1_2


 「クラムボン」 レイハラカミのこともあってか湿っぽかった。途中でブルーハーブの人も出てきた。

2_2


 「FOUNTAINS OF WAYNE」 選曲のバランスに感謝。このライブでファンになった人もたくさんいそうなぐらい曲がいい。

3_2


 駐車場入り口

4_2


 ホワイトステージとアヴァロンステージの間の雰囲気

5_2


 ホワイトステージ近くの川

6_2


 「G.LOVE & SPECIAL SAUCE」 おしゃれ感覚で聴いてる人が腹たつから避けてたけど、ライブは本物だと思う。

7_2


 そのG.LOVEよりすごそうな、楽器交換しに来るおじさん。

8_2


 「BEST COAST」 思わずアンプのツマミを触りに行きたくなるほど変なバランスで、デモテープみたいなライブになってしまった。

9_2


 「DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN」 いつか菊地成孔から指示を受けたいと思った。

10_2


 「TODD RUNDGREN」 包容力のあるオープニングからソウルを通って、「Something/Anything?」の曲という最高の流れを作ってくれた。

11_2


 めだま

12_2


 ファンタジーなオレンジコートの入り口

13_2


 「FACES」 アウトロになるとみんなドラムセットの近くに集まって相談していた。 

14_2


 「CONGOTRONICS vs ROCKERS」 白人の方が論理的で、黒人の方が本能的な気がした。

15_2


 「越後のもちぶた丼」 胸倉つかまれて投げ捨てられるかのような力強さがあって美味い。 

16_2


 「インドネシアのバリ丼」 柑橘系(?)のスパイスとチリソースで一気に丼の空気が変わった。

17_2


 「台湾ラーメン」 日本のと違ってはるさめみたいな麺を使ってて美味い。



posted by mamakokototo at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | フジロック | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

新潟 「フジロック・フェスティバル’11 その①」

1_3


 「毛皮のマリーズ」 存在感凄いけど、演奏が小さくまとまってしまった。

2_4


 「THE VACCINES」 シンプルな曲こそ、その人がダイレクトに出るから勇気がいるなぁと思った。

3_4


 「THE PAINS OF BEING PURE AT HEART」 今の大学生はこれを聴いてときめいてほしい。

4_3


 「GRUFF RHYS」 SUPER FURRY ANIMALSよりもこじんまりしててバンド色が薄いので、歌心が前に出たライブだった。

5_3


 「RON SEXSMITH」 この人の良さは、曲調とメロディーの柔らかいタッチにあると思う。 

6_3


 「LEE SCRATCH PERRY with MAD PROFESSOR」 もはや金属で出来てるみたいだった。

7_4


 「WASHED OUT」 おもてたんと違った。Feel it all aroundやらなかったのにびっくりしたのは僕だけじゃないはず。

8_3


 「FOUR TET」 じらしにじらしてAs Serious As your Lifeにもっていったのに、客があんましノッてなかったのが残念。

9_3


 「エチオピアの赤と黒のカレー」 っちゃ美味い。赤と黒の挟み撃ちが幸せなフジロックのオープニングフード。

10_3


 「タイラーメン」 化粧品食ったらパクチーみたいな味がすると思う。あとここの薬味の唐辛子は死ぬほど辛いと思う。

11_3


 「エジプトの炒飯」 美味い。この米の質感がフジロックに来てるなぁて気にさせる。スパイスが何なのかは宇宙の果てを探るぐらい理解不能。

posted by mamakokototo at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | フジロック | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。